クレジットカード現金化がグレーゾーンでも逮捕されない理由

クレジットカード現金化とは商品を買取するという一連の流れがありますが、業者が行っている行為は貸金業とほとんど大差がありません。しかし貸金業ではないため金利に上限がなく好き勝手しているように見えます。
グレーゾーンという認識があっても違法行為ではなく、警察に逮捕されない理由はなぜでしょうか?

警察は被害届がなければ逮捕出来ない

悪質業者の場合は話は別ですが、優良業者の場合、利用者は業者に騙された訳ではありません。
むしろ急にお金が必要になり、消費者金融では審査に通らず借りる事が出来ない、そんな非常に困った状態で、お金を借りる事が出来たわけですから、感謝しかありません。

もちろん還元率やクレジットカード会社への返済の際に発生する金利を考えれば、決して負担は小さくありません。
ですがそれは覚悟の上で、クレジットカード現金化を利用した訳です。
本人が納得しているので、金利が高くて返済出来ないなどと警察に泣きつく事はありません。

つまり警察に被害届が出されない以上、警察は業者を逮捕する事が出来ないのです。
そもそもクレジットカード現金化が行われると想定して法律が作られていないため、現時点では取り締まる法律が存在しません。

そのため警察はクレジットカード現金化の業者の存在を把握していても、逮捕するために動く事が出来ないのです。

クレジットカード現金化を利用するのは悪い事?

先ほどクレジットカード現金化がどれだけグレーゾーンな存在であっても、被害者が存在しない限りは警察は業者を逮捕出来ない事を紹介しました。

では業者ではなく、利用者側がクレジットカード現金化を利用する事は悪い事なのでしょうか?
業者が逮捕されない訳ですから、当然利用者が逮捕される心配はゼロです。
ただし、利用する事自体は、決して褒められる行為ではありません。

法律では違法行為とはなりませんが、クレジットカード会社は規約違反と定めています。
そのため利用している事がバレるとクレジットカードは利用停止になってしまいます。

最も業者も商売としてクレジットカード現金化を行っているわけですから、簡単にバレないように代行決済を依頼するなど、対策は行われています。
なので、利用者側としては利息が大変なので、あまりオススメは出来ませんが、街金や闇金を利用するよりは安全なので、救済措置にはなると言えます。

関連記事