クレジットカード現金化にはデメリットもあります

お金をすぐに調達できるなど、クレジットカード現金化には多くのメリットがあります。
しかし、それだけにとらわれてしまうと、痛い目に遭うことがあります。
というのも、利用するデメリットがあるからです。
ですので、クレジットカード現金化を利用する際は、そのデメリットについてもしっかり把握しておくことが望ましいです。

・元になるクレジットカードが必要です
手続きが簡単で即時振込にも対応してくれる、このようにショッピング枠現金化はとても便利なシステムです。
そのため利用する人も多いですが、そのためには元になるクレジットカードが必要です。
このクレジットカードがないと、システム自体を利用できません。
ご存知の通り、ショッピング枠現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用した融資になります。
ですので、業者を利用する際は、最初に自分専用のカードを用意することから始まります。
しかも、ショッピング枠にある程度の余裕があることが条件です。
専門の業者を利用する、また、1人で行うに関係なく、元になるカードが必要になります。

・手数料がかかります
ショッピング枠現金化は、それぞれの業者によって換金率が異なります。
現金化会社は、その換金率に基づいてユーザーに現金を振込んでいるのです。
そのため、できるだけ高い換金率を提示した業者を選ぶユーザーも多いはずです。
しかし、いくら率が高く、また、振込予定額が多くても、手数料が高いと、実質の換金率も下がってしまうでしょう。
業者にもよりますが、悪質な業者の中には、様々な手数料を請求してくるところもあるようです。
そのため、「実際の振込額がかなり減ってしまった」、というユーザーも実際にいます。
この手数料については事前に確認できますので、利用前に確認しておくといいでしょう。

・利用規約なども一緒に調べておきましょう
とても便利なクレジットカード現金化ですが、利用前にデメリットの確認をしておく必要があります。
上記で紹介したようにデメリットがありますので、業者の選定の際に利用規約などもしっかり調べておきましょう。

関連記事