詐欺業者の見分け方!安全にクレジットカード現金化を進める方法

クレジットカード現金化という行為は、リスクを背負って行う現金獲得手段だと思ったほうが良いです。そのため、安全な業者と付き合うことが重要となるので、これからクレジットカード現金化を行いたい人は、どのような業者が、悪質な業者なのかを見抜く知恵を獲得しておいたほうが良いです。

■優良な業者は存在しないことを学ぶ
重要なことなので最初に案内しておきますが、基本的に優良な業者との付き合いは、まったくないと思っておいたほうが良いです。

というのも、現金化を助けてくれる業者では、手数料が10%以上で発生するようになっているからです。もし、この手数料が曖昧なサービス名になっていた場合、その時点で悪質な詐欺業者と思ったほうが良いでしょう。

手数料が安くなるケースは少ないので、目に見えて優良と感じる業者は少なく、このことを先に知っておかないと、クレジットカード現金化は得をすることが多いと勘違いしてしまいます。現金化を行ってみるとわかりますが、元々の金額から15%前後差し引かれた金額で、現金化を行えるというケースが多いのです。

■悪質な業者ほどオススメポイントが多い
詐欺を行っている人、業者は、そのような行為を行っていることを明らかにしません。なので、どのようにして見抜けば良いのかと思ってしまいますが、オススメポイントが多い業者は、詐欺業者の可能性が高いと思ってください。

オススメポイントとは、クレジットカード現金化にかかる時間が短い、しかも手数料が今回だけ無料、さらに実績も多いというふうに、他の業者と比較してサービスの質が高すぎるケースが該当します。このような業者はほとんど存在しないので、詐欺業者の可能性が高いと言えるわけです。

業者名を用いてネットで検索を行っても、業者に関する情報が見つからないという場合は、詐欺業者と断定したほうが安全かもしれません。

■人や業者を安易に信用しない
ショップやネットを用いて、クレジットカード現金化を行う場合は、人、業者を信用しないことが鉄則です。

なので、安全に現金化を行いたい場合は、下手にネットを使用するより、商品をショップで購入して、別のショップで購入した商品を買い取ってもらったほうが賢明です。この方法でも、80%以上の還元率で現金化を行えるので、それほどリスクの大きい対処法ではありません。

関連記事